C H A T P O I N T

読み込み中

説明センター

または、よくある質問をご覧ください

序文

インスタントチャット、ファイル管理、強力な検索機能を備えたビジネスコラボレーションシステム

ChatPointは、市場向けのユニークなビジネスアプリケーションであり、使いやすいユーザーフレンドリーなチャットインターフェイスと強力なファイル検索機能により、顧客がプロフェッショナルなコラボレーションチームを構築するのに役立つ新しいドキュメントベースのコラボレーションシステムを備えています。さらに、ChatPointはファイル管理と詳細な夜間表示機能も提供します。これは、内部および外部通信のブリッジとして適切で、新世代の無制限の運用モデルを開きます。

従来のメールには重要なコラボレーション機能がなく、時間がかかる場合があります。迷惑メールは、以前の添付ファイルと連続した参加者の痕跡を失う傾向があります。ただし、ChatPointは、関連する履歴情報と添付ファイルを直接かつ明確に提供します。チーム全体のコミュニケーションは追跡可能であり、ビジネスプロセスを加速します。すべての特権レベルのチームメンバーがさまざまなアクティビティやプロジェクトで協力して、効果的なコミュニケーションチャネルとファイル交換を提供できるようにします。このメッセージは、チームの現在のスタッフだけでなく、後で参加する人も利用できます。

  • 階層化されたユーザータイプ
  • リレーショナルチャネルグループ、メッセージ、フォルダー、およびファイル
  • 異なるドメイン間でのコラボレーション
  • プライベート連絡先のコラボレーション
  • ログインドメインまたはログインユーザー間のインスタントスイッチングファイル名なしで非テキストファイルを検索できます
  • アクセス可能なすべてのグループにわたるグローバル検索
  • ファイル名なしでメディアファイルを検索する
  • ファイルテキストコンテンツと結合AND検索
  • 検索可能なファイルコメント
  • ファイルのバージョン管理。 ファイルとフォルダーの回復
  • パスワードで保護された共有リンク(ファイルとフォルダー)
  • 定義可能な階層化キーワード検索テーブル
  • 定義可能なチャットメッセージテンプレート
  • ユーザーがグループ履歴にアクセスできるようにするオプション
  • ログインするモバイルデバイスを指定する
  • 二要素認証 (2FA)

言葉を使う

  1. 作業ドメイン
    • ChatPoint作業ドメイン(作業ドメインコード、またはドメイン)はチャネルグループで構成され、チームメンバーは、複数の企業間で効果的なコミュニケーショングループとドキュメント交換を介して、さまざまなアクティビティやプロジェクトに関するビジョンを作成および共有します。
    • 作業ドメインには、数字を含む5文字以上、10文字以下が必要です。
    • 作業ドメインは登録が成功するために一意であり、別の登録では複製は許可されません。
  2. ログインID
    メールが必要です。または、最低6文字、文字、数字、アンダースコア、またはドットのみが必要です。 最初の文字は英字でなければならず、末尾の文字はアンダースコアまたはドットにすることはできません。
  3. ログインパスワード
    新規ユーザーの場合:2つの数字を含む少なくとも6文字が必要です。
  4. グループチャンネル
    グループチャネルは「グループ」と呼ばれます。これは、ユーザーがファイルを共同作業して共有するためのチャネルです。
  5. 内部ユーザー
    内部ユーザーは次のとおりです(ビジネスホルダー、管理者、メンバー)。

    1. ビジネスホルダー
      プライマリ作業ドメインの所有者
    2. 管理者
      作業ドメインの管理者
    3. メンバー
      ビジネスホルダーと管理者を除く内部ユーザー
  6. 外部ユーザー
    外部ユーザーは仕事用ドメインへの訪問者です。
  7. ユーザー
    • ユーザーには4つのタイプがあります(ビジネス所有者、管理者、メンバー、外部ユーザー)
    • 事業主と管理者も内部ユーザーです
    • ビジネス所有者は、ユーザーのタイプをビジネス所有者のタイプに変更できます。
    • 管理者はビジネス所有者を制御できません
    • 詳細グループで共同作業できるユーザーは、グループのメンバーです
    • 外部ユーザーは、ビジネスホルダーグループにアクセスできるメンバーのリストを表示できますが、作業ドメイン全体のユーザーのリストは表示できません
    • グループのメンバーはグループ作成者によって招待され、ハードディスクの消費はグループ作成者の責任であるため、ハードディスクの容量は外部ユーザーを制限しません。
  8. グループメンバー
    グループで共同作業する権利を持つユーザーは、そのグループのメンバーです。
  9. グループ管理者
    グループオーナーができるグループのメンバーは、グループとしては、グループ管理者が行います。 (外部ユーザーはグループ管理者にはなれません)。
    グループ管理者は、グループ所有者のファイルとフォルダを除いて、グループ所有者のほとんどの文書管理操作を実行する権限を持ちます。
    グループ管理者はグループの説明を編集してグループメンバーと管理者を割り当てることができますが、グループの名前変更や削除、グループアイコンの変更、ごみ箱へのアクセスはできません。
  10. チャットルーム
    チャットルームプラットフォームでは、ユーザーはメッセージやドキュメントをインタラクティブに公開、読み取り、交換します。 ChatPointのグループおよび任意のドキュメントでチャットルームとして使用することもできます。これにより、1つのクライアントのドキュメントのみを使用して、関連するドキュメントと顧客のレコードのレコードを中央に配置できるため、検索とストレージを改善できます。効果的。
    チャットルームの種類は次のとおりです。

    • 接チャット
      プライベートで集中的な仕事のために、さまざまな作業ドメインで個人とチャット
    • ドキュメントチャッ
      ファイルは、インタラクティブなチャットを作成してファイルを添付できるチャットプラットフォームにすることができます
    • ループチャット
      チャンネルグループを介してグループメンバーと共同作業する
  11. 作業領域とユーザーアカウントを切り替える
    作業ドメインとユーザーアカウントをすばやく切り替えて、複数の作業ドメインとアカウントの頻繁なログインとログアウトを減らします。切り替え先は、有料プランの任意のワークドメインに加えて、無料プランの最大2つのワークドメインです。
  12. 作業ドメイン間でグループを共有する
    共有グループ接続を介して、異なる作業領域で他の会社と共同作業する。チャネルグループの共有は、有料プランのワークドメインに加えて、最大2つの無料プランのワークドメインに適用できます。
  13. キーワード検索表
    1. 組み込みの定義可能なキーワードテーブルにより、検索と取得の複雑なニーズが構造的に簡素化されます
    2. キーワードグループとそのキーワードおよび値で構成される階層化されたキーワード検索メカニズム(キーワードグループ → 複数のキーワード → 複数のキーワード値)
  14. 検索可能なコメントファイル
    コメントは任意のファイルで作成でき、コメントは検索可能です
  15. 新しいグループメンバーに古いメッセージの表示を許可する
    グループメンバーに過去のメッセージ/ファイルの表示を許可するか、メンバーの作成後にのみ許可するかを選択できます。
  16. メッセージテンプレート
    • ユーザーは、メッセージの文言/テンプレートの独自のリストを作成して再利用できるため、メッセージを迅速かつ継続的に入力する必要があります。
    • ユーザーは、ドメイン内の他のユーザーとテキストを共有することもできます。
    • メッセージ編集ボックスの任意の場所に記号$を入力して、1秒待つと、テンプレートリストが表示されます。 リスト結果をフィルタリングするには、ラベル名の入力を続けます。 タップして文言を選択して適用します。
    • 各ユーザーは最大50個のエントリを追加できます。
  17. 通知
    • デスクトップ通知
      デスクトップWindowsで作業中にメッセージを受信すると、デスクトップ通知を表示するようにChatPointをセットアップできます。 この機能は、ブラウザによっては機能しない場合があります。
    • プッシュ通知
      ChatPointを使用すると、メッセージを受信したときにプッシュ通知をモバイルに送信できます。
    • 通知音

      1. モバイルの通知音は、グループチャットルームまたは直接連絡先チャットごとに有効または無効にできます。
      2. グループチャットルームでは、メッセージの前にグループメンバーリストから選択したメンバー名をタップする(または手動で@記号をメンバー名の直前に置く)だけで、グループのメンバー受信者にモバイルで音声で通知するように強制できます メンバーに送信されます。
  18. 許可されたデバイスログインのみが許可されます
    許可されたモバイルデバイスがシステムにログインできるようにする
  19. リンク(ファイル、フォルダー)の共有、パスワード保護
    (ファイル)リンクチェーンは、アクセスおよびパスワード保護のために許可された関係者と共有できます。
  20. ファイルバージョン
    バージョン、履歴、および回復のためのファイルのバージョン管理
  21. 人工知能(AI)とテキスト認識
    テキスト認識に組み込まれたAIにより、画像ファイルの画像テキストコンテンツが認識され、元のファイルに自動関連付けされ、迅速な検索のために保存されます(実用:名刺、請求書、インスタント画像の保存と識別に適用されます) キャプチャされたテキストなど)
  22. 二要素認証(2FA)
    指定されたデバイスを使用してユーザーアクセスを確認する高度なログオン処理。 オンライン版のChatPointでログイン資格情報を入力した後、携帯電話のような物理デバイスに送信された時間ベースのワンタイムパスワードで身元を確認す

許可

グループ経営

[使用可能なユーザー:すべてのユーザータイプ]

  1. 左上にある[すべてのグループ]をクリックします。
  2. [すべてのグループ]で選択したグループ名をクリックします。
    または、画面の左上にある下のボックスにグループ名を入力し、その横にある追加アイコンをクリックします。
    [:グループ名の部分的な入力を受け入れます]

[使用可能なユーザー:すべてのユーザータイプ]

  1. [すべてのグループ]をクリックして、参加しているすべてのグループをリストします。
    [:[マイグループ]をクリックすると、作成したグループのみがリストされます。 ]
  2. 目的のグループをクリックします。
  3. または、[フィルター]ボックスにグループ名を入力し、[戻る]をタップして、目的のグループをリストします。
    [注:グループ名の部分的な入力を受け入れます]

[使用できるユーザー:外部ユーザーを除くすべてのユーザータイプ。外部ユーザーには「マイグループ」はありません]

  1. [マイグループ]をクリックします
  2. 画面の左上にある下のボックスに、グループ名を入力します。
    [:グループ名はスペースで構成でき、合計で最大30文字]
  3. 完了したら、横にある追加アイコンをクリックしてグループを作成します。

[:グループが別のユーザーによって作成された場合、同じ名前のグループを持つことができます。ただし、同じユーザーが、すでに作成されている同じ名前のグループを作成することはできません。 ]

[使用できるユーザー:外部ユーザーを除くすべてのユーザータイプ。外部ユーザーには「マイグループ」はありません]

  1. [グループの作成]アイコンをタップし、画面に変えてグループを作成します。
    [:グループ名はスペースで構成でき、合計で最大30文字]
  2. グループ名を入力し、[追加]をタップして新しいグループを作成します。

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をクリックし、作成したすべてのグループを一覧表示します。
  2. 目的のグループをクリックします。
  3. 画面の右上で、グループ名の横にある画像をクリックします。
  4. 選択したグループプロファイルから画面が飛び出します。
  5. キャンセルアイコンの横にあるグループ名を編集し、[Enter]を押して受け入れます。

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をクリックし、作成したすべてのグループを一覧表示します。
  2. 目的のグループをタップします。
  3. グループ名の横にある写真をタップするか、右上隅の 機能アイコンをタップして、画面下部に表示されるアクションメニューをポップアップします。 次に、入力用のポップアップメニューから[グループ情報]をタップします。
  4. 画面の上部でグループ名を編集し、[return]を押して受け入れます。

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をクリックし、作成したすべてのグループを一覧表示します。
  2. 目的のグループをクリックします。
  3. 画面の右上で、グループ名の横にある[グループを削除]アイコンをクリックします。
  4. 削除の最後のステップを確認する前に、追加情報を入力するように指示されます。

[使用できるユーザー:グループの作成者(外部ユーザーを除く)。]

  1. [マイグループ]をタップして、作成したすべてのグループをリストします。
  2. リスト内のグループ名の横にある写真をタップして、グループメッセージ画面に表示します。
  3. 画面上のグループの写真をタップし、画面の下部にある機能選択リストを再生します。
  4. [削除]をタップしますが、最終的な削除手順を確認する前に、削除を確認するための追加メッセージを入力するよう求められます。

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をクリックし、作成したすべてのグループを一覧表示します。
  2. 目的のグループをクリックします。
  3. 画面の右上で、グループ名の横にある画像をクリックします。
  4. 選択したグループプロファイルから画面が飛び出します。
  5. 写真アイコンをクリックして、ドキュメントのリストから更新された写真を選択します。

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をタップして、作成したすべてのグループをリストします。
  2. 目的のグループをタップします。
  3. 画面右上の機能アイコンをタップし、ポップアップをタップしてメニューの[グループ情報]に移動します。
  4. ポップアップメニューで[写真]オプションをタップし、ドキュメントリストから更新された画像を選択します。または、[写真キャプチャ]オプションをタップして、新しい写真を撮り、すぐにアクセスします。

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をクリックし、作成したすべてのグループを一覧表示します。
  2. 目的のグループをクリックします。
  3. 画面の右上で、グループ名の横にある画像をクリックします。
  4. 選択したグループデータが画面にポップアップ表示されます。
  5. [説明]の下のボックスに説明を入力します。 次に、キーボードのEnterキーを押して入力を受け入れます

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をタップして、作成したすべてのグループをリストします。
  2. 目的のグループをタップします。
  3. 画面右上の機能アイコンをタップし、ポップアップをタップしてメニューの[グループ情報]に移動します。
  4. タップしてアイコンを記述し、説明を大きなフレームに記述して[OK]をタップします。

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をクリックし、作成したすべてのグループを一覧表示します。
  2. 目的のグループをクリックします。
  3. 画面の右上で、グループ名の横にある画像をクリックします。
  4. 画面に、選択したグループプロファイルとユーザーリストがポップアップ表示されます。
  5. グループメンバーを追加するには、メンバー名の横にある赤いボタンをオンにします。
  6. グループメンバーを削除するには、メンバー名の横にある赤いボタンをオフにします。

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をタップして、作成したすべてのグループをリストします。
  2. 目的のグループをタップします。
  3. 画面右上の機能アイコンをタップし、ポップアップをタップしてメニューの[グループ情報]に移動します。
  4. グループメンバーを追加するには、メンバー名の横にあるボタンを開きます。
  5. グループメンバーを削除するには、メンバー名の横にあるボタンを閉じます。

[使用可能なユーザー:すべてのユーザータイプ]

  1. [マイグループ]をクリックし、作成したすべてのグループを一覧表示します。
  2. 目的のグループをクリックします。
  3. 画面の右上で、グループ名の横にある画像をクリックします。
  4. 選択したグループプロファイルから画面が飛び出します。
  5. すべてのユーザーがリストされ、グループメンバー名の横の赤いボタンがオンになります。

[注:外部ユーザーは、作業ドメインのすべてのユーザーではなく、リストされたグループメンバーのみを表示できます]

[使用可能なユーザー:すべてのユーザータイプ]

  1. [すべてのグループ]をタップし、アクセスできるすべてのグループを一覧表示します。
  2. グループメンバーを次の方法でリストします
    • グループリストからグループの写真を直接タップします;または
    • 目的のグループを選択したら、画面右上の  グループ情報アイコンをタップします;または
    • グループチャットルーム内で、画面上部のグループ名をタップします。
  3. 次に、グループメンバーを一覧表示します。

[注:外部ユーザーは、作業ドメインのすべてのユーザーではなく、リストされたグループメンバーのみを表示できます]

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をクリックし、作成したすべてのグループを一覧表示します。
  2. 目的のグループをクリックします。
  3. 画面の右上で、グループ名の横にある画像をクリックします。
  4. 選択したグループデータが画面にポップアップ表示されます。
  5. [過去のメッセージを非表示]の横にある選択アイコンをクリックして、グループメンバーが、メンバーの作成以降に開始されたグループメッセージとファイルのみを表示できるようにします。それ以外の場合、メンバーはグループの過去すべてをレビューできます。

[使用できるユーザー:グループの作成者]

  1. [マイグループ]をクリックし、作成したすべてのグループを一覧表示します。
  2. 目的のグループをクリックします。
  3. 画面右上の機能アイコンをタップし、ポップアップをタップしてメニューの[グループ情報]に移動します。
  4. [過去のメッセージを非表示]の横にあるスイッチアイコンをタップすると、グループメンバーは、メンバーが作成されてから開始されたグループメッセージとファイルのみを表示できます。それ以外の場合、メンバーはグループの過去すべてをレビューできます。

ユーザー管理

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 画面の左上にある[ユーザー管理]アイコンをクリックして、ユーザーを一覧表示して検索します。
    または、ユーザーリスト画面の上部で、入力アイコンをタップし、ユーザーの検索を入力します。

    [:グループ名の部分的な入力を受け入れます]

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 画面の左上にある[設定の管理]アイコン(最新のメッセージ、すべてのグループ、または私のグループ)をクリックするか、右側の画面を静かに押して[設定の管理]画面に入ります。
  3. [設定の管理]画面で、[ユーザー管理]項目をタップし、[ユーザー管理]インターフェイスに移動します。
    ストレージクォータ
    17.5G / 50G:17.5Gに割り当てられたストレージスペース、合計50Gの注文。
    内部ユーザー
    18/50:50人の設定可能なユーザー、18人が設定されています(「管理者」は「事業者」を管理できません)
    外部ユーザー
    7/50:50の構成可能なユーザー、7は外部ユーザーとして設定されています
  4. [ユーザーの一覧]画面で、対象ユーザーを探します。または、ユーザーリスト画面の上部で、アイコンをフィルターし、検索ユーザーを入力します。
    [:グループ名の部分的な入力を受け入れます]

[使用できる人:事業者、管理者]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 画面の左上にある[ユーザー管理]アイコンをクリックします。
  3. [ユーザーの追加]アイコンをクリックすると、[ユーザーの詳細]画面が表示されます。
  4. 入力データ:
    1. ログイン名(必須)
    2. パスワードを設定する(必須)
    3. ユーザー名(必須、表示目的)
    4. 電子メールアドレス(必須)
    5. 内部参照(必須ではありません)
    6. ストレージ割り当て量 (M)(必須)
    7. ユーザーカテゴリ(事業主、管理者、メンバー、外部ユーザー)
      :「管理者」は「事業者」を管理できません)
    8. 有効にする(必須、有効)
    9. 保存(入力を受け入れて保存)

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 画面の左上にある[設定の管理]アイコン(最新のメッセージ、すべてのグループ、または私のグループ)をクリックするか、右側の画面を静かに押して[設定の管理]画面に入ります。
  3. [設定の管理]画面で、[ユーザー管理]項目をタップし、[ユーザー管理]インターフェイスに移動します。
  4. 「ユーザー管理」インターフェースで、対象ユーザーを選択してタップし、「ユーザーの詳細」インターフェースに入ります。
  5. ユーザーの詳細インターフェイスにデータを入力します。
    1. ログイン名(必須)
    2. パスワードを設定する(必須)
    3. ユーザー名(必須、表示目的)
    4. 電子メールアドレス(必須)
    5. 内部参照(必須ではありません)
    6. ストレージ割り当て量 (M)(必須)
    7. ユーザーカテゴリ(事業主、管理者、メンバー、外部ユーザー)
      :「管理者」は「事業者」を管理できません)
    8. 有効にする(必須、有効)
    9. 保存(入力を受け入れて保存)

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. 対象ユーザーの横にある削除アイコンをクリックします。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ユーザーの横にある削除アイコンを選択してタップします。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットカテゴリをクリックして、ユーザーカテゴリを変更します。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットカテゴリをクリックして、ユーザーカテゴリを変更します。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットユーザーをクリックして、ユーザー名を変更します。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットユーザーをクリックして、ユーザー名を変更します。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットユーザーをクリックして、ユーザーのメールアドレスを変更します。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットユーザーをクリックして、ユーザーのメールアドレスを変更します。

[誰可使用:「業務持有者」及「管理員」,但「管理員」不能管理「業務有者」]

  1. 以「業務持有者」 或 「管理員」登入。
  2. 尋找用戶。
  3. 點擊目標用戶,進行更改內部參考

[誰可使用:「業務持有者」及「管理員」,但「管理員」不能管理「業務有者」]

  1. 以「業務持有者」 或 「管理員」登入。
  2. 尋找用戶。
  3. 點擊目標用戶,進行更改內部參考

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットユーザーをクリックして、ユーザーを開始または一時停止します。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットユーザーをクリックして、ユーザーを開始または一時停止します。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットユーザーをクリックして、ユーザーのストレージのクォータを作成します。

[誰可使用:「業務持有者」及「管理員」,但「管理員」不能管理「業務有者」]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. ユーザーを探しています。
  3. ターゲットユーザーをクリックして、ユーザーのストレージのクォータを作成します。

メッセージとファイルファイル(アクション)

  1. 返信
    [返信メッセージ]
  2. 削除する
    [添付されたメッセージやファイルを含むメッセージを削除します。しかし、メッセージの所有者とグループの作成者だけがこの力を持っています。 ]
  3. コピー
    [情報転送アクション(Web)を参照]
  4. ダウンロードする
    [ファイルのダウンロード、オープン、保存]
  5. ドキュメントチャット
    [ファイルのコメントとチャット]
  6. 進む
    [情報転送アクション(Web)を参照]

  1. 返信
    [返信メッセージ]
  2. 削除する
    [添付されたメッセージやファイルを含むメッセージを削除します。しかし、メッセージの所有者とグループの作成者だけがこの力を持っています。 ]
  3. コピー
    [情報転送アクション(iOS / Android)を参照]
  4. 話す
    [音声でメッセージを読む]
  5. ダウンロードする
    [ファイルのダウンロード、オープン、保存]
  6. ドキュメントチャット
    [ファイルのコメントとチャット]
  7. 共有する
    [情報転送アクション(iOS / Android)を参照]
  8. 進む
    [情報転送アクション(iOS / Android)を参照]
  9. 転送(他のログインアカウント)
    [情報転送アクション(iOS / Android)を参照]

  1. バージョン管理
    [ファイルのバージョン管理により、ファイルのバージョン、履歴、および回復が可能になります]
  2. 検索キー
    [キーワードグループと検索]を参照してください]
  3. モバイル
    [情報転送アクション(Web)を参照]
  4. コピー
    [情報転送アクション(Web)を参照]
  5. 名前を変更
    [ドキュメント名の変更]
  6. ダウンロードする
    [ファイルのダウンロード、オープン、保存]
  7. リンクを一般公開する
    [ファイル共有リンクをターゲットパートナービューに設定し、パスワードで保護]
  8. 関連メッセージ
    [ファイルがこれまでに使用したレコードのリストをもたらす]
  9. グループのチャットルームに送信する
    [アクセス可能なグループチャットルームにファイル(追加メッセージを除く)を送信する]
  10. 転送(他のログインアカウント)
    [情報転送アクション(Web)を参照]
  11. 削除する
    [添付されたメッセージとファイルを含むドキュメントを削除します。しかし、外部ユーザーにはこの力がありません]

  1. バージョン管理
    [フォルダー管理を参照]
  2. 検索キー
    [検索キーワードグループ管理を参照]
  3. モバイル
    [情報転送アクション(iOS / Android)を参照]
  4. コピー
    [情報転送アクション(iOS / Android)を参照]
  5. 名前を変更
    [ドキュメント名の変更]
  6. 削除する
    [添付されたメッセージやファイルを含むメッセージを削除します。しかし、メッセージの所有者とグループの作成者だけがこの力を持っています。 ]
  7. リンクを一般公開する
    [ファイル共有リンクをターゲットパートナービューに設定し、パスワードで保護]
  8. 関連メッセージ
    [ファイルがこれまでに使用したレコードのリストをもたらす]
  9. グループのチャットルームに送信する
    [アクセス可能なグループチャットルームにファイル(追加メッセージを除く)を送信する]
  10. 共有する
    [情報転送アクション(iOS / Android)を参照]
  11. 進む
    [情報転送アクション(iOS / Android)を参照]
  12. 転送(他のログインアカウント)
    [情報転送アクション(iOS / Android)を参照]

ファイル(機能)

(移動、コピー、削除、検索キーワードの割り当てなど、複数のファイルの操作上の選択)

[使用できるユーザー:「グループメンバー」]

  1. 選択したファイル上にマウスを移動します。
  2. 四角い選択ボックスを表示する      。
  3. ボックスをクリックすると、に変わります 。 ファイルリストの上部のバーは、色付きの機能シートに置き換えられます。
  4. ファイルリストのトップバーの右端にある機能アイコン をクリックします。
  5. 選択のための機能メニューをポップアップ。 関数の選択は、各ソースファイル名の横にある関数アイコン をクリックしたときと同じです。
  6. 複数のファイルが選択されている場合、ファイルリストの一番上のバーには、選択する機能がすぐに表示されます。

    左側に表示されている6つの関数は、選択したファイルに使用されます:

    • ファイルのバージョン管理を「オン」に設定します。
    • ファイルバージョン管理を「オフ」に設定します。
    • 作業ドメイングループのカスタムキーワード検索テーブルからキーワードを選択し、選択したファイルに割り当てます。
    • 選択したファイルをターゲットの場所に移動します。 このプロセスは、「モバイル」機能と同じです。
    • 選択したファイルをターゲットの場所にコピーします。 このプロセスは、「コピー」機能と同じです。
    • 選択したファイルを削除して保存するためのゴミ箱。 削除する前にファイルを確認するように求められます。
  7. 選択したすべてのファイルの選択を解除するには、カラーバーの左端にあるオプション項目アイコン をクリックします。

(移動、コピー、削除、検索キーワードの割り当てなど、複数のファイルの操作上の選択)

[使用できるユーザー:「グループメンバー」]

  1. 選択モードをトリガーするために強調表示されるまで、ドキュメントリストまたはファイルごとに結果内のターゲットファイルまたはフォルダーを検索します。
  2. 選択後、右上隅の機能アイコンをタップして操作シートをポップアップします。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. 画面の右側で、宛先(グループまたはそのフォルダー)をタップします。
  2. 画面の右側にあるアップロードアイコンをクリックして、選択したファイルをアップロードします。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. 画面の右側で、宛先(グループまたはそのフォルダー)をタップします。
  2. 画面のアップロードアイコンをタップして、選択したファイルをアップロードします。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

ファイルを移動する

  1. ソースファイルの上にマウスを移動します。
  2. ターゲットファイルを選択し、その隣の機能アイコンをクリックして、メニューをポップアップします。
  3. メニューの[移動]をクリックします。
  4. 次に、「モバイル確認テーブル」がポップアップし、テーブルがその場所にとどまることを確認し、「移動」の確認を待ちます。
  5. 次に、マウスを移動先に移動します。
  6. 次に、「移動」を確認します。

ファイルをコピー

  1. ソースファイルの上にマウスを移動します。
  2. ターゲットファイルを選択し、その隣の機能アイコンをクリックして、メニューをポップアップします。
  3. テーブルの[コピー]をクリックし、[コピー確認フォーム]をポップアップ表示し、テーブルがこの位置にあることを確認して、[コピー]の確認を待ちます。
  4. 次に、マウスを移動先に移動します。
  5. 次に、「コピー」を確認します。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

ファイルを移動する

  1. 移動するターゲットファイルを選択し、その隣の機能アイコンをタップして、メニューをポップアップします。
  2. メニューの[移動]をタップします。
  3. 次に、「確認フォーム」が表示され、テーブルがその位置にとどまることを確認し、移動する確認を待ちます。
  4. 次に、目的地までタップします。次に、「移動確認フォーム」で「OK」をタップして移動します。

ファイルをコピー

  1. コピーしたターゲットファイルを選択し、その隣の機能アイコンをタップして、メニューをポップアップします。
  2. メニューの[コピー]をタップします。
  3. 次に、画面の下部に「確認フォーム」をポップアップ表示し、テーブルがその場所にとどまることを確認して、コピーの確認を待ちます。
  4. 次に、宛先をタップします。次に「OK」をタップして「コピー確認フォーム」にコピーします。


[使用可能なユーザー:すべてのユーザーカテゴリ]

  1. 画面の左上で[すべての機能を検索]をクリックし、検索を開始して[ファイルアーカイブ]を選択します。
  2. [検索結果]画面が表示されます。
  3. 検索ドキュメントのさまざまな標準的な組み合わせ:
    • ファイル名
      [ファイル名はパーツ入力を受け入れます]
    • ファイルの内容
      [ファイルコンテンツ検索は、ブール検索の組み合わせをサポートしています。つまり、コンテンツ入力間にANDを追加します]
    • 検索キーワード
      [キーワードグループと値の設定]
    • 私が所有
      [提供した文書を特定する]
    • ファイルの種類
      [複数のファイルタイプを受け入れるための基準を検索する]
    • アップロード時間
      [ファイルのアップロード時間]
    • 列ソート
      [ファイル名、グループ名/ファイル名、所有者、ファイルサイズ、アップロード時間]
    • クイック検索ボックス
      ()
  4. 検索結果にリストされている選択したファイルの写真/シンボルをクリックし、クリックしてファイルを表示します。
  5. ファイルビューを閉じ、前の検索結果画面に移動して、表示したファイルを強調表示します。
  6. 選択したファイルのチャットルームに導入されました。選択したファイルは、画面の右側に表示されるグループのファイルリストでも強調表示されます。
  7. ファイル名の横にある機能アイコンをクリックして、アクションの選択メニューをポップアップします。

點擊原文件の行動列表

  1. ソースファイルの上にマウスを移動します。 次に、ソースファイルでアクションを選択するための機能メニューアイコン が表示されます。
  2. アクションアイコンをクリックします。 次に、選択のためのアクションメニューがポップアップ表示されます。 [各アクションプロセスは、ファイル(関数)の対応する部分を参照できます。
  3. ファイル選択のために各ファイルの左側にある空のボックス をクリックすると、 に変わります。
  4. ファイルが選択されると、ファイルリストの一番上のバーに、選択する3つの機能がすぐに表示されます。
  5. 3つの機能は次のとおりです:
    1. ファイルのバージョン管理を「オン」に設定します。
    2. ファイルバージョン管理を「オフ」に設定します。
    3. 作業ドメイングループのカスタムキーワード検索テーブルからキーワードを選択し、選択したファイルに割り当てます。
  6. 選択したすべてのファイルの選択を解除するには、カラーバーの左端にあるオプション項目アイコン をクリックします。

[使用可能なユーザー:すべてのユーザーカテゴリ]

  1. [最新の投稿]または[すべてのグループ]を選択します。
    [:(a)[マイグループ]が選択されている場合、作成されたすべてのグループのみが検索されます;(b)外部ユーザーには[マイグループ]はありません。 ]
  2. 画面上の検索アイコンをタップします。
  3. 画面に移動して、検索条件を入力します。次に、[File Archive]または[Message]を選択して検索します。
  4. 次に、画面の上部をタップして検索を開始します。
  5. 検索結果がリストされます。
    アイコン[メニュー]
    アイコン[検索結果リストの並べ替え]
    アイコン[入力検索結果のフィルタリング]

[使用できるユーザー:「グループメンバー」、外部ユーザーを除く]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

グループチャットルームチャットモードで

  1. グループのチャットルームに移動します(グループ名は画面の上部に表示されます)
  2. チャットルームのターゲットファイル/メッセージにマウスを移動します。
  3. ターゲットファイル/メッセージの右下隅にある削除アイコンをクリックします。
  4. ファイル/メッセージはすぐに除去されますが、永続化されませんで[永久に削除]ボタンをクリックします。
  5. 画面の右側にリストされている対応するファイルは、同時に自動的に削除され、ごみ箱に入れられます。

チャットルームチャットモード

  1. グループチャットモードでは、グループ名が上部中央に表示されます。このグループのすべてのファイルとフォルダーは、画面の右側にリストされます。
  2. ファイルまたはフォルダー名の横にある機能アイコンをクリックすると、選択メニューがポップアップ表示されます。
  3. メニューから[削除]項目を選択します。
  4. この後、チャットルームからまだ表示されている対応するファイルをクリックすると、警告メッセージが表示されます“ファイルはごみ箱に移動されました”。

[使用できるユーザー:「グループメンバー」、外部ユーザーを除く]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

直接法

  1. ターゲットファイルが属するグループに直接移動し、その隣の機能アイコンをタップして、メニューをポップアップします。
  2. ターゲットファイルの横にある機能アイコンをタップして、メニューを表示します。
  3. 削除」を選択してタップします。

検索方法

  1. 検索エンジンでファイルを検索します。
  2. 検索結果ファイルをタップして、ファイルのチャットルームに移動します。
  3. 画面上のファイル名をタップし、関連するメッセージ画面を表示します。
  4. 画面から[フォルダで表示]をタップし、検索ファイルが属するグループ内のファイルのリストに移動します。
  5. ターゲットファイルの横にある機能アイコンをタップして、メニューを表示します。
  6. 削除」を選択してタップします。

[使用できるユーザー:「グループメンバー」]

グループチャットルームチャットモードで

(他のログインアカウント)へのドキュメントのリダイレクト」の手順に従います。

チャットルームチャットモード

このグループ通信に送信する」の手順に従ってください。

[使用できるユーザー:「グループメンバー」]

グループチャットルームチャットモードで

  1. グループのチャットルームに移動します(グループ名は画面の上部に表示されます)。
  2. チャットルームで、メッセージを長押ししてメッセージ/ファイルを選択します。 複数の選択がサポートされています。
  3. 選択後、右上隅のメニューアイコン をタップして、メッセージアクションリストをポップアップします。
  4. アクションリストには、選択可能なアクションが表示されます。 これらのアクションは、選択したメッセージの性質の組み合わせに従ってリストされます。 メッセージには、テキストメッセージ、ファイル、添付ファイル付きファイル、添付ファイル付きメッセージが含まれます。[メッセージとファイルファイル(アクション)]の[チャットルームアクション-(iOS / Android)]を参照してください。
  5. 転送,
    1. 転送」を選択してタップします。
    2. 対象のチャットルームに入ります。
    3. 表示ファイルは、入力メッセージボックスの上に配置され、チャットルームに転送する準備が整います。

チャットルームチャットモード

  1. ドキュメントを見つけて転送することを選択します。
  2. ターゲットファイルの横にある機能アイコンをタップして、メニューを表示します。
  3. 転送」を選択してタップします。
  4. ここで、以前に使用したチャットメッセージを一覧表示する別の画面に移動します。
  5. それを転送します。

[使用できるユーザー:「グループメンバー」]

グループチャットルームチャットモードで

[:Webバージョンでは、この操作は[転送]コマンドによって実行されます]

  1. グループのチャットルームに移動します(グループ名は画面の上部に表示されます)
  2. チャットルームのターゲットファイル/メッセージにマウスを移動します。
  3. ターゲットファイル/メッセージの右下隅にある転送アイコンをクリックします。
  4. ファイル/メッセージがコピーされ、ターゲットチャットルームの場所に配置されます。
  5. 次に、チャットルームのファイル/メッセージ配信メカニズムに従ってファイル/メッセージを送信します。

チャットルームチャットモード

  1. ドキュメントを見つけて転送することを選択します。
  2. 選択したファイルのチャットルームに導入されました。選択したファイルは、画面の右側に表示されるグループのファイルリストでも強調表示されます。
  3. [転送(その他のログインアカウント)]項目を選択すると、現在ログインしている宛先のリストが表示されます。
  4. ソースファイルの転送先を選択します。

[使用できるユーザー:「グループメンバー」]

グループチャットルームチャットモードで

  1. グループのチャットルームに移動します(グループ名は画面の上部に表示されます)。
  2. ターゲットのメッセージ/ファイルを選択し、その隣の範囲をタップし、テキストメッセージの有無に基づいて添付してメニューをポップアップします。
  3. メニューの「リダイレクト(その他のログインアカウント)」をタップします。
  4. 次に、チャットルームの宛先に移動してタップします。表示ファイルは、入力メッセージボックスの上に配置され、チャットルームに転送する準備が整います。

チャットルームチャットモード

  1. ドキュメントを見つけて転送することを選択します。
  2. 次に、そのグループ内のフォルダーに保存されているファイルを直接制御する直接グループに移動します。
  3. ターゲットファイルの横にある機能アイコンをタップして、メニューを表示します。
  4. リダイレクト(その他のログインアカウント)」を選択してタップします。次に、現在ログインしている宛先のリストをポップアップします。

  1. カーソルをターゲットソースファイルに移動します。
  2. ソースファイル名の横にある機能アイコンをクリックします。
  3. 選択メニューをポップアップします。 次に、メニューから[バージョン管理]項目を選択します。
  4. 画面の右上に[ドキュメントバージョン]メニューを表示します。 次に、メニューから[バージョン管理] をオンにします。 同じファイル名のファイルが同じ宛先(グループまたはグループのフォルダーなど)にアップロードまたは保存された後、ソースファイル名の横にあるファイルバージョンカウンター  は、バージョンを除く既に保存されているバージョンの数を示します 現在使用されています。
  5. [ドキュメントバージョン]メニューに、同じファイル名で異なるタイムスタンプを持つすべてのバージョンのファイルが、ファイルコンテンツのレビュー、回復、削除、およびファイルチャットのレビュー用に一覧表示されます。
  1. ソースファイルの横の機能アイコンをタップします。
  2. ポップアップメニューから[バージョン管理]を選択します。
  3. メニューから[バージョン管理] をオンにします。 同じファイル名のファイルが同じ宛先(グループまたはグループのフォルダーなど)にアップロードまたは保存された後、ソースファイル名の横にあるファイルバージョンカウンター  は、バージョンを除く既に保存されているバージョンの数を示します 現在使用されています。
  4. すべてのバージョンのファイルの異なるタイムスタンプと同じファイル名を掲載
  5. 長く押すとファイルのタイムラインを選択でになります。 メニューを開くには、画面の右上にある  アイコンをクリックします。
  6. ファイルの回復(回復)、削除(削除)、ファイルチャットレビュー(関連メッセージ)などのアクションを選択できます。

メッセージ(機能)

[使用できるユーザー:「メッセージホルダー」および「グループ作成者」

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. メッセージの上にマウスを移動し、[削除]アイコンをクリックして、メッセージとその添付ファイルを削除します。
  2. 次に、メッセージとその添付ファイルを削除します。

[使用できるユーザー:「メッセージホルダー」および「グループ作成者」

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. セクション[メッセージとファイル(アクション)]を参照してから、そのサブセクション[ ファイルとフォルダーのアクション(iOS / Android)]を参照してください。
  2. [削除]をタップして、メッセージとその添付ファイルを削除します。

[使用できるユーザー:「メッセージホルダー」および「グループ作成者」

  1. 削除したメッセージの上にマウスを移動し、復元アイコンをクリックして、以前の添付ファイルを含むメッセージを復元します。
  2. 添付メッセージおよびファイルを含むメッセージを復元します。

[使用できるユーザー:「メッセージホルダー」および「グループ作成者」

  1. セクション[メッセージとファイル(アクション)]を参照してから、そのサブセクション[ ファイルとフォルダーのアクション(iOS / Android)]を参照してください。
  2. 次に、メッセージのコンテンツと添付ファイルを復元します。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. 毎回アップロードする複数のドキュメントを選択でき、アップロード前に各ドキュメントを添付できます。
  2. メッセージを入力し、添付アイコンを使用してファイルをメッセージに添付し、配信アイコンをクリックして、添付メッセージとともにファイルを送信します。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. メッセージを入力し、添付アイコンを使用してファイルをメッセージに添付し、配信アイコンをクリックして、添付メッセージとともにファイルを送信します。
  2. 送信する前に、選択したアップロードファイル、カメラまたは音声レコードから取得したメディア、または転送ファイルの名前の変更を許可します(ファイル名を長押ししてください)。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

グループチャットから取得したファイルをチャットとして使用する

  1. 共同作業するファイル(インタラクティブなメモと添付ファイル)を見つけて選択します。
  2. ファイルをクリックして、ファイルの共同作業を開始します。 (ファイル名は画面の上部に表示されます)。
  3. 通過輸入框進行協作。

グループチャットルームから取得したファイルをチャットに使用する

  1. グループのチャットルームに移動します(グループ名は画面の上部に表示されます)。
  2. チャットルームのターゲットファイルの上にマウスを移動します。
  3. ターゲットファイルの右下隅にある[ファイルチャット]をクリックします。
  4. ファイルをクリックして、ファイルの共同作業を開始します。 (ファイル名は画面の上部に表示されます)。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

グループチャットから取得したファイルをチャットとして使用する

  1. 共同作業するファイル(インタラクティブなメモと添付ファイル)を見つけて選択します。
  2. ファイルをタップして、ファイルでの共同作業を開始します。 (ファイル名は画面の上部に表示されます)。
  3. 入力ボックスを介して共同作業します。

グループチャットルームから取得したファイルをチャットに使用する

  1. セクション[メッセージとファイル(アクション)]を参照してから、そのサブセクション[ ファイルとフォルダーのアクション(iOS / Android)]を参照してください。
  2. 「ドキュメントチャット」を選択してタップします。
  3. 選択したファイルのチャットルームに導入されました。
  4. 次に、ファイルの共同作業を開始します。 (ファイル名は画面の上部に表示されます)。

[使用可能なユーザー:すべてのユーザーカテゴリ]

  1. 画面の左上で[すべての機能を検索]をクリックし、検索を開始して[メッセージ]を選択します。
  2. [検索結果]画面が表示されます。
  3. 検索メッセージのさまざまな標準的な組み合わせ:
    • 検索テキスト
      [メッセージの内容は部分的な入力を受け入れます]
    • 日時(by)
      [日付]
    • 日時(to)
      [日付](注:デフォルトの日付範囲は1年です)
    • 私のメッセージ
      [私のメッセージ]
    • 返信メッセージ
      [返信メッセージ]
    • ファイル添付メッセージ
      [ファイルに添付されたメッセージ]
    • クイック検索ボックス
  4. 検索結果で選択したメッセージをクリックします。
  5. 選択したファイルのチャットルームに導入されました。選択したファイルは、画面の右側に表示されるグループのファイルリストでも強調表示されます。
  6. ファイル名の横にある機能アイコンをクリックして、アクションの選択メニューをポップアップします。

[使用可能なユーザー:すべてのユーザーカテゴリ]

  1. [最新の投稿]または[すべてのグループ]を選択します。
    [:(a)[マイグループ]が選択されている場合、作成されたすべてのグループのみが検索されます;(b)外部ユーザーには[マイグループ]はありません。 ]
  2. 画面上の検索アイコンをタップします。
  3. 画面に移動して、検索条件を入力します。次に、[File Archive]または[Message]を選択して検索します。
  4. 次に、画面の上部をタップして検索を開始します。
  5. 検索結果がリストされます。
    アイコン[メニュー]
    アイコン[検索結果リストの並べ替え]
    アイコン[入力検索結果のフィルタリング]

[使用できるユーザー:グループメンバー]

  1. ドキュメントを見つけて転送することを選択します。
  2. ターゲットファイルの横にある機能アイコンをクリックして、メニューをポップアップします。
  3. [このグループ通信に送信]を選択してクリックします。
  4. ここで、以前に使用したチャットメッセージを一覧表示する別の画面に移動します。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

  1. ドキュメントを見つけて転送することを選択します。
  2. ターゲットファイルの横にある機能アイコンをタップして、メニューを表示します。
  3. このグループ通信に送信」を選択してタップします。
  4. 次に、このグループで以前に使用されたチャットメッセージを一覧表示する別の画面に移動します。
  5. ターゲットレコードをタップします。

ファイルのバージョン管理

(移動、コピー、削除、検索キーワードの割り当てなど、複数のファイルの操作上の選択)

[使用できるユーザー:「グループメンバー」*]
*外部ユーザーは、自分のファイルのファイルバージョンのみを表示できます

  1. 選択したファイル上にマウスを移動します。
  2. 四角い選択ボックスを表示する      。
  3. ボックスをクリックすると、に変わります 。 ファイルリストの上部のバーは、色付きの機能シートに置き換えられます。
  4. ファイルリストのトップバーの右端にある機能アイコン をクリックします。
  5. 選択のための機能メニューをポップアップ。 関数の選択は、各ソースファイル名の横にある関数アイコン をクリックしたときと同じです。
  6. 複数のファイルが選択されている場合、ファイルリストの一番上のバーには、選択する機能がすぐに表示されます。

    左側に表示されている6つの関数は、選択したファイルに使用されます:

    • ファイルのバージョン管理を「オン」に設定します。
    • ファイルバージョン管理を「オフ」に設定します。
    • 作業ドメイングループのカスタムキーワード検索テーブルからキーワードを選択し、選択したファイルに割り当てます。
    • 選択したファイルをターゲットの場所に移動します。 このプロセスは、「モバイル」機能と同じです。
    • 選択したファイルをターゲットの場所にコピーします。 このプロセスは、「コピー」機能と同じです。
    • 選択したファイルを削除して保存するためのゴミ箱。 削除する前にファイルを確認するように求められます。
  7. 選択したすべてのファイルの選択を解除するには、カラーバーの左端にあるオプション項目アイコン をクリックします。

(移動、コピー、削除、検索キーワードの割り当てなど、複数のファイルの操作上の選択)

[使用できるユーザー:「グループメンバー」*]
*外部ユーザーは、自分のファイルのファイルバージョンのみを表示できます

  1. 選択モードをトリガーするために強調表示されるまで、ドキュメントリストまたはファイルごとに結果内のターゲットファイルまたはフォルダーを検索します。
  2. 選択後、右上隅の機能アイコンをタップして操作シートをポップアップします。

フォルダー管理

[使用できるユーザー:グループメンバー]

  1. グループまたはそのフォルダーに移動します。
  2. 入力ボックスに新しいフォルダー名を入力し、フォルダー作成アイコンをクリックしてフォルダーを作成します。
  3. ソースフォルダーを別のフォルダーに移動できます。別のフォルダーは、ソースフォルダーの親フォルダーになります。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

  1. グループまたはそのフォルダーに移動します。
  2. 入力ボックスに新しいフォルダー名を入力し、フォルダー作成アイコンをタップしてフォルダーを作成します。
  3. ソースフォルダーを別のフォルダーに移動できます。別のフォルダーは、ソースフォルダーの親フォルダーになります。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

  1. ターゲットフォルダの横にある機能アイコンをクリックすると、メニューがポップアップ表示されます。
  2. グループまたはそのファイルを入力します。
  3. 入力ボックスに新しいフォルダー名を入力し、名前を変更したフォルダーをクリックします。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

  1. 宛先フォルダーの横にある機能アイコンをタップして、メニューを表示します。
  2. グループまたはそのファイルを入力します。
  3. 入力ボックスに新しいフォルダー名を入力し、名前を変更したフォルダーをタップします。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. ターゲットフォルダの横にある機能アイコンをクリックすると、メニューがポップアップ表示されます。
  2. グループまたはそのファイルを入力します。
  3. 「移動」を選択してクリックします。
  4. 画面上部に確認フォームが表示され、[移動]または[キャンセル]をクリックして操作を確認するように求められます。
  5. 次に、マウスを移動先に移動します。
  6. 次に、「移動」を確認します。

[使用できるユーザー:グループメンバー]

[:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. 宛先フォルダーの横にある機能アイコンをタップして、メニューを表示します。
  2. 選択リストの[移動]項目をタップし、画面下部にある青いダイアログで確認を求めます。ダイアログは画面下部に残ります。
  3. 次に、マウスを移動先に移動します。
  4. 次に、「移動」を確認します。

[使用できるユーザー:「グループメンバー」、外部ユーザーを除く]

[注:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. ターゲットフォルダ内のグループに移動します。
  2. フォルダ名の横にある機能アイコンをクリックすると、メニューがポップアップ表示されます。
  3. メニューの[削除]をタップします。

[使用できるユーザー:「グループメンバー」、外部ユーザーを除く]

[注:必要なときに複数選択機能を適用できます]

  1. ターゲットフォルダ内のグループに移動します。
  2. フォルダ名の横にある機能アイコンをクリックすると、メニューがポップアップ表示されます。
  3. メニューの[削除]をタップします。

検索キーワードグループ管理

キーワードグループとそのキーワードおよび値で構成される2層のキーワード検索メカニズム。

(キーワードグループ→複数のキーワード→複数のキーワード値)

  1. ユーザー定義可能なキーワードテーブルは、構造上の複雑な検索要件を簡素化します。
  2. 複数のキーワードグループを作成します。
  3. 各キーワードグループには複数のキーワードが含まれます。
  4. 各キーワードには、選択可能な複数のキー値があります。

キーワードグループとそのキーワードおよび値で構成される2層のキーワード検索メカニズム。

(キーワードグループ→複数のキーワード→複数のキーワード値)

  1. ユーザー定義可能なキーワードテーブルは、構造上の複雑な検索要件を簡素化します。
  2. 複数のキーワードグループを作成します。
  3. 各キーワードグループには複数のキーワードが含まれます。
  4. 各キーワードには、選択可能な複数のキー値があります。

[使用できる人:事業者、管理者]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 画面の左上で、[キーワード管理]アイコンをクリックします。
  3. [キーワード管理の検索]画面がポップアップし、キーワードグループが作成されます。
  4. ポップアップ選択テーブルの右上隅で、[キーワードの追加]グループアイコンをクリックします。
  5. 入力フォームにインポートし、新しいキーワードグループを入力し、承認アイコンをクリックして、新しいキーワードグループを保存および作成します。

    [注:選択したキーワード名の横にある上/下矢印アイコンキーワードの順序を変更]

[使用できる人:事業者、管理者]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 画面の左上にある[設定の管理]アイコン(最新のメッセージ、すべてのグループ、または私のグループ)をタップするか、画面の右側をそっと押して[設定の管理]画面に入ります。
  3. 「設定の管理」画面で、「キーワード管理の検索」オプションをタップし、「キーワード管理の検索」画面に移動します。テンプレートは次のとおりです。
           
  4. ポップアップ画面の上部をタップし、[キーワードの追加]グループアイコンをタップします。
  5. 再生画面[検索キーワードグループの作成]画面。

[使用できる人:事業者、管理者]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 画面の左上で、[キーワード管理]アイコンをクリックします。
  3. [キーワード管理の検索]画面が表示されます。
  4. 選択したキーワードグループ名の横にある[キーワードグループを開く]アイコンをクリックして、キーワードグループの既存のキーワードを表示します。
    [注:選択したキーワード名の横にある上/下矢印アイコンキーワードの順序を変更]
  5. 選択したキーワードグループの横にある機能選択アイコンをクリックします。
  6. 選択(キーワードの追加、名前の変更、削除)
    • キーワードを追加
      [選択したキーワードグループにキーワードを追加]
    • 名前を変更
      [選択したキーワードグループで、キーワードを追加します。既存のレコードで自動的に有効になります]
    • 削除する
      [選択したキーワードグループで、キーワードを削除します。既存のレコードで自動的に有効になります]
  7. キーワードを追加(選択したキーワードグループのキーワード)
    [キーワードの追加]オプションをクリックすると、[キーワードの詳細]画面がポップアップし、キーワードとその値を定義します。
           

    • 検索キーワードグループ
      [選択したキーワードグループ名を表示]
    • キーワード名
      [キーワードを入力]
    • テキストのオン/オフ
      [ユーザー定義のデータリストを選択して入力]
    • データ型のオン/オフ
      [フリーテキストで入力]
    • データ型
      [フリーテキストデータ形式オプションの定義:テキスト、数字、日付]
    • 最大長さ
      [フリーテキスト入力時の最大長]
    • 複数行モード
      [フリーテキストを入力するとき、入力ボックスに複数行のスペースがあります]

    選択したキーワード値の横にある上/下矢印アイコンは、キーワード値が変更される順序です。

[使用できる人:事業者、管理者]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 画面の左上にある[設定の管理]アイコン(最新のメッセージ、すべてのグループ、または私のグループ)をタップするか、画面の右側をそっと押して[設定の管理]画面に入ります。
  3. 「設定の管理」画面で、「キーワード管理の検索」オプションをタップし、「キーワード管理の検索」画面に移動します。

    [注:選択したキーワードの横にある上/下矢印アイコンは、キーワードが変更される順序です]
  4. キーワードの横にあるメニューオプションをタップします。
  5. 選択(キーワードの追加、名前の変更、削除)
    • キーワードを追加
      [選択したキーワードグループにキーワードを追加]
    • 名前を変更
      [選択したキーワードグループで、キーワードを追加します。既存のレコードで自動的に有効になります]
    • 削除する
      [選択したキーワードグループで、キーワードを削除します。既存のレコードで自動的に有効になります]
    • 検索キーワードグループ
      [選択したキーワードグループ名を表示]
    • キーワード名
      [キーワードを入力]
    • テキストのオン/オフ
      [ユーザー定義のデータリストを選択して入力]
    • データ型のオン/オフ
      [フリーテキストで入力]
    • データ型
      [フリーテキストデータ形式オプションの定義:テキスト、数字、日付]
    • 最大長さ
      [フリーテキスト入力時の最大長]
    • 複数行モード
      [フリーテキストを入力するとき、入力ボックスに複数行のスペースがあります]キーワードを追加します。
      [キーワードの追加]オプションをクリックすると、[キーワードの詳細]画面がポップアップし、キーワードとその値を定義します。
             
      選択したキーワード値の横にある上/下矢印アイコンは、キーワード値が変更される順序です。

アプリケーションテンプレート:顧客管理


アプリケーションテンプレート:プロパティアフェアーズ

 

アプリケーションテンプレート:顧客管理

アプリケーションテンプレート:プロパティアフェアーズ

 


ログインの切り替えとパスワード

[使用可能なユーザー:すべてのユーザーカテゴリ]

[注:あるデバイスのユーザーアカウントへのログインは、別のデバイスに自動的に転送されません。 ]

  1. ユーザーログイン。
  2. 初めてログインすると、ログイン画面が表示されます。

    ログイン名
    [ログインID、スペースなし、「ログイン名」は「ユーザー名」と同等ではありません
    パスワード
    [ログインパスワード]
    作業エリア
    [プライマリユーザーログインアカウントを作成する前の承認されたワークスペースコード]
    パスワードをお忘れですか
    [クリックして、指示に従ってパスワードを回復してください]
  3. 画面左上のユーザー写真の横にある会社名をクリックします。 その後、新しい画面が表示され、ログインを変更して、異なるワークステーションと関連するユーザーアカウントを切り替えることができます。


    1. [ここで「ユーザーログインアカウントリスト」にログインして、ユーザーアカウントとパスワードがある仕事用ドメインにアクセスできます。 ]

    2. [このリストをクリックしてログインリストからログアウトしますが、ユーザーのアカウントは保持します。 ]

    3. [ログインリストからユーザーアカウントの表示を削除します。リストに表示する必要がある場合は、再度ログインする必要があります。 ]

    4. [ログインリストでアイテムを検索するためのコンテンツ検索アイコン。 ]
  4. ログインアカウントに切り替えるには、対象のログインアカウントの左側の写真をクリックするだけです。
  5. 最後に選択されたアカウントは、アカウントのリストの一番上に自動的に配置されます。

[使用可能なユーザー:すべてのユーザーカテゴリ]

[注:あるデバイスのユーザーアカウントへのログインは、別のデバイスに自動的に転送されません。 ]

  1. ユーザーログイン。
  2. 初めてログインすると、ログイン画面が表示されます。
     
    ログイン名
    [ログインID、スペースなし、「ログイン名」は「ユーザー名」と同等ではありません
    パスワード
    [ログインパスワード]
    作業エリア
    [プライマリユーザーログインアカウントを作成する前の承認されたワークスペースコード]
    パスワードをお忘れですか
    [クリックして、指示に従ってパスワードを回復してください]
  3. [ユーザーログイン切り替え]アイコンをクリックして画面に移動し、さまざまな作業領域とユーザーアカウントを切り替えます。必要な場合は、アクセスできる新しいアカウントにログインできます。


    1. [ここで「ユーザーログインアカウントリスト」にログインして、ユーザーアカウントとパスワードがある仕事用ドメインにアクセスできます。 ]

    2. [このリストをクリックしてログインリストからログアウトしますが、ユーザーのアカウントは保持します。 ]

    3. [ログインリストからユーザーアカウントの表示を削除します。リストに表示する必要がある場合は、再度ログインする必要があります。 ]

    4. [ログインリストでアイテムを検索するためのコンテンツ検索アイコン。 ]
  4. ログインアカウントに切り替えるには、対象のログインアカウントの左側の写真をクリックするだけです。
  5. 最後に選択されたアカウントは、アカウントのリストの一番上に自動的に配置されます。

該当なし。

[誰が使用できますか:「ビジネスホルダー」と「管理者」ですが、「管理者」は「ビジネスホルダー」を管理できません]

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 進入「設定」屏幕。
  3. [設定]画面に移動します。タップしてアイテムを選択し、別の[デバイス管理]画面をポップアップします。
         
  4. [デバイスのログイン制限を有効にする]ボタンがオンになっている場合、モバイルデバイスのユーザーに「モバイルエリアシステムリストへのモバイルデバイスの追加」のリクエストを送信させることができます。
    [注:システムの[デバイスログイン制限を有効にする]ボタンがオンになっている場合、仕事用ドメインユーザーがログインして仕事用ドメインにモバイルデバイスを記録したことがない場合、ユーザーのデバイスはバンドをポップアップします。ユーザーが仕事用ドメインへのアクセスを許可するリクエストを作成するための[リクエストの送信]画面があります。 ]

    「ビジネスホルダー」または「管理者」の場合は、をクリックして、別の[デバイス管理]画面をポップアップ表示し、[このデバイスを追加]をクリックします。
  5. ビジネスホルダーまたは管理者は、[デバイス管理]画面にリストされている各モバイルデバイスでアクセス制限を有効化または解除できます。

ビデオ会議

  1. チャットルームの上部のバーから[ビデオ会議]アイコンを選択して、ビデオ会議に参加するためのウィンドウを開きます。 [ビデオ会議に参加](または同様の表現)を選択します。
  2. 次の画面は、ビデオ会議のユーザーインターフェイスです。 カメラを有効にすると、画面の中央に自分が表示されます。 画面の最小化されたバージョンが、ユーザーインターフェイス全体の右上隅に表示されます。
  3. 会議ウィンドウの右上隅にある対応するボタンをクリックして、ビデオ会議を最小化、最大化(全画面)または閉じることができます。
  4. 下部のバーには、ビデオ会議中に使用できる機能ボタンのリストが表示されます。
  5. (左から右へ)
    1. 画面を共有する:会議内のすべての参加者に画面を共有できます。 画面のプロンプトに従って、画面のどの部分を共有するかを選択します。
    2. 手を上げる/下げる:これをクリックして、「話したい」ことを示します。 ビデオ画面の左上隅に「ハンド」アイコンがポップアップ表示されます。
    3. チャットを開く/閉じる:クリックして、あなたと参加者がメッセージを送信できるチャットウィンドウを表示します。
    4. ミュート/ミュート解除:このボタンでマイクをミュート/ミュート解除できます
    5. 退会:クリックしてこのビデオ会議を退会
    6. カメラの開始/停止:参加者に対してカメラの表示を表示または非表示にできます。
    7. タイルビューの切り替え:ユーザーインターフェイスでの参加者の配置方法を変更します。
    8. セキュリティオプション:クリックして、このビデオ会議の追加のセキュリティオプションを構成します(会議へのパスワードの追加、エンドツーエンドの暗号化の設定など)。
    9. その他のアクション:クリックして、会議をさらに構成する機能のメニュー(以下で詳細に説明)を表示します
  6. その他のアクション :

    1. 通話品質の管理:ビデオ会議の通話品質を構成します
    2. 全画面表示:会議を全画面で表示します
    3. YouTubeビデオを共有する:会議で共有するYouTubeビデオリンクをクリックして入力します
    4. 背景をぼかす:画面の背景をぼかします
    5. 設定:ポップアップを表示して、デバイス、言語などの追加設定を構成します
    6. 全員をミュート:会議で全員のマイクをミュート
    7. 発言者の統計:参加者が「アクティブに話している」時間を表示します。つまり、その参加者は現在「発言者」であり、ウィンドウの横に「発言者」アイコンがあります。
    8. ショートカットの表示:ビデオ会議で使用できる機能のキーボードショートカットのリストを表示します

会議チャネリング

会議チャネルは、クロスドメインコラボレーション用に設計されたチャネルです。 高度に統合されたドキュメント/プライベートチャット構造を維持しながら、他の会社の人々と共有して作業します。 外部の企業と連絡先は、ホストがファイルやメッセージを切断すると、ファイルやメッセージが失われることを心配することなく、同時にコラボレーションできます。

会議の主催者は、他のワークドメインを招待して、会議の参加者として会議に参加させることができます。 招待を受け入れると、招待者はワークドメインの代表者になり、ドメインユーザーを会議に追加できます。

会議チャネルには、会議チャット、プライベートチャット、ドキュメントチャットのタイプのチャットルームが含まれています。 外部通信のメインチャットルームは会議チャットですが、プライベートおよびドキュメントチャットはワークドメイン内での通信用です。

会議チャネリングの開始については、FAQの関連セクションを参照してください。

画像とテキストの認識

画像認識

AIはアップロードされた写真を即座に自動学習して分析し、キーワードと写真の内容に関する提案を提供します。正確なファイル名を忘れた場合でも、同じタイプのグループでアップロードされた写真を検索するのに役立ちます。

ウェブ版
ナビゲーション
  1. 左上のメニューバーで[すべてのグループの検索]アイコンをクリックして検索パネルを開きます。
  2. 写真の検索を開始するには、[写真]タブに切り替えます。
基本的な使い方
  1. 写真検索画面の左上には、ユーザーが検索テキストを入力するための検索入力ボックスがあります。
  2. [完全一致]チェックボックスは、検索結果と検索テキストを正確に一致させるかどうかを指定します。
  3. チェックボックスの下に、一般的な分類のリストがあります。各分類をクリックすると、すぐにその画像を検索して参照できます。
  4. 関連する写真が見つかった場合、検索結果はパネルの右側に表示されます。
  5. デフォルトでは、写真はグリッドレイアウトで表示されます。各写真をクリックすると(カーソルが虫眼鏡アイコンに変わったとき)、別のパネルがポップアップします。
  6. ポップアップパネルで、拡大された写真とそのファイルの詳細を表示できます。
  7. また、「関連検索」行には、写真の関連検索が表示され、その関連検索ワードを使用して関連写真を検索するためにタップできます。
  8. 各写真のサムネイルを右クリックして、さまざまなアクションのコンテキストメニューを表示できます。
  9. [フィルター]アイコンをクリックして、2番目のフィルターテキストで結果をさらにフィルターします。
  10. 右上の[リストレイアウト]アイコンをクリックして、表示をリストレイアウトに切り替えることもできます。リストレイアウトでは、その写真のファイルの詳細がいくつかの列に表示されます。
  11. リストレイアウトでは、
    • 写真の拡大版を表示するには、写真のサムネイルをクリックします(カーソルが虫眼鏡アイコンに変わったとき)\
    • コンテキストメニューを開くには、[アクション]列の下にある[その他]というラベルの付いたアイコンをクリックします。
    • 写真のドキュメントチャットルームに入るには、行全体をクリックするか、ファイル名をクリックします(カーソルを合わせると下線が引かれます)。
iOS & Android
ナビゲーション
  1. 右にスワイプしてサイドメニューを表示し、[写真検索]を選択します。または
  2. 上部のナビゲーションバーを使用して[検索]アイコンを選択し、検索画面に移動して、下部のバーにある[写真]タブに切り替えて[写真検索]を選択します。
基本的な使い方
  1. 写真検索画面の上部には、ユーザーが検索テキストを入力するための検索入力ボックスがあります。
  2. [完全一致]チェックボックスは、検索結果と検索テキストを正確に一致させるかどうかを指定します。
  3. 一般的な分類は下部にリストされています。各分類をタップすると、すぐにその画像を検索して閲覧できます。
  4. ファイルとメッセージの検索と同様に、右上隅の矢印ボタンをタップして検索結果に進みます。
  5. 関連する写真が見つかると、検索結果に写真グリッドが表示されます。
  6. 右上のフィルターアイコンをタップすると、2番目の検索テキストで検索結果をさらにフィルターできます。
  7. 写真のサムネイルをタップすると、大きいバージョンとファイルの詳細が表示されます。
    さらに、写真の関連検索が与えられ、そのような関連検索ワードによって関連写真を検索するためにタップすることができます。
テキスト認識

テキスト認識の組み込みAIにより、画像ファイルの画像テキストコンテンツを認識し、元のファイルに自動で関連付け(検索可能なPDFファイルに変換するオプションを使用)、保存してスピーディーに検索できます。 (実際の使用:名刺、請求書、キャプチャされたインスタント画像テキストなどの保存と識別に適用されます)

ウェブ
  1. アップロードされた画像は、テキスト認識AIによって自動的に処理されます。
  2. テキスト認識画面にアクセスするには、
    1. チャットルーム内で、画像のサムネイルの下に機能アイコンのリストがポップアップ表示されるまで、画像の上にカーソルを置きます。 「人工知能テキスト認識」というラベルの付いた「T」アイコンをクリックします。
    2. グループの[ドキュメント]タブ(画面の右側)で、画像ファイルの名前をクリックして、人工知能のテキスト認識画面を起動します(ファイル名にカーソルを合わせると、下線が表示されます)
  3. 次の画面では、左側に処理の準備ができている画像ファイルが表示され、右側(「スキャン結果」)には抽出されたテキストが表示されます。
  4. 用意されているアクションボタンをクリックして、抽出したテキストを「コピー」または「送信」できます。
  5. [送信]をクリックして、メッセージ入力ボックスに抽出したテキストを入力します。
  6. [PDFの強化]をクリックして画像をPDFに抽出し、チャットルーム内のファイルとして添付します。
  7. 画像を検索するには、「すべてのグループの検索」にアクセスし、「ドキュメント」タブに切り替えます。
  8. 画像の抽出されたテキストはすべて「ファイルコンテンツ」と見なされることに注意してください。そのため、[ファイルコンテンツ]入力ボックスに目的の検索テキスト(画像のテキスト)を入力して続行します。

レベルアップセキュリティ管理

モバイルデバイスアクセス

ログインを許可するモバイルデバイスを指定できます。

Webネットワークアクセス

ログインするネットワーク/ IPアドレス(オフィスネットワークなど)のみを指定できます。 Webアクセスが便利であることがわかります。 ただし、会社のVPNを介してスタッフがオフィスのネットワークにアクセスする必要がある場合があるため、ビジネスの性質によっては、この利便性はユーザーの会社のセキュリティポリシーを満たさない場合があります。 現在、会社のセキュリティポリシーと一致するように、ChatPointでは、どのネットワークからWeb経由でChatPointにアクセスするかを指定できます。

設定

ユーザー:すべてのカテゴリー

  1. ユーザーログイン。
  2. 画面左上の戸画像をクリックします。

    ログインがビジネスオーナーまたは管理者でない場合、これらの4つの機能はそれぞれ表示および管理されません。

    1. 購入付加価値
    2. ワークドメイン管理
    3. ユーザー管理
    4. キーワード検索設定
  3. その後、ユーザーアカウントメッセージ画面が自動的に開きます。
  4. ユーザーの写真を更新する
    画面上のユーザーアイコンをタップし、ファイルソースから写真を選択します。
  5. ユーザーパスワードを更新する
    [ユーザーアカウントメッセージ]画面で[パスワードの変更]をクリックし、ログインパスワードを変更します。

ユーザー:「ビジネスホルダー」と「管理者」
(注:「管理者」は「事業者」を管理できません)

  1. 「ビジネスホルダー」または「管理者」ログイン。
  2. 画面の左上にある [ユーザー管理]アイコンをクリックして、ユーザーを一覧表示します。
  3. 選択したユーザーをクリックして、選択したユーザーの[ユーザーの詳細]画面に移動します。
  4. 選択したユーザープロファイルを更新します。
    • ログイン名(更新できません)
    • パスワードの設定(必須)
    • ユーザー名(必須、表示目的)
    • メールアドレス(必須)
    • 内部参照(必須ではありません)
    • ストレージクォータ(M)(必須)
    • ユーザーカテゴリ(事業主、管理者、メンバー、外部ユーザー)
      (注:「管理者」は「事業者」を管理できません)
    • 有効化(強制、有効化)
    • 保存(入力を受け入れて保存)
  5. ユーザーの写真を更新する
    画面上のユーザーアイコンをタップし、ファイルソースから写真を選択します。
  6. ユーザーパスワードを更新する
    [ユーザーアカウントメッセージ]画面で[パスワードの変更]をクリックし、ログインパスワードを変更します。
  7. [保存]をクリックして、データの更新を受け入れます。

ユーザー:すべてのカテゴリー

  1. ユーザーログイン。
  2. 設定画面に移動します
  3. タップして項目を選択し、別の[設定]画面をポップアップします。
           
  4. ユーザーパスワードを更新する
    [設定]画面で[アカウント]オプションをタップし、アカウント画面に移動して[パスワードの変更]を選択します。
  5. ユーザーの写真を更新する
    [設定]画面でユーザーアイコンをタップし、ファイルソースから写真を選択します。

ユーザー:「ビジネスホルダー」と「管理者」
(注:「管理者」は「事業者」を管理できません)

  1. 「ビジネス所有者」または「管理者」としてログインします。
  2. 画面の左上にある[設定の管理]アイコン(最新のメッセージ、すべてのグループ、または私のグループ)をタップするか、画面の右側をそっと押して[設定の管理]画面に入ります。
  3. [設定]画面で、[ユーザー管理]項目をタップし、[ユーザー管理]インターフェイスに移動します。

  4. 選択したユーザーをタップし、選択したユーザーの[ユーザーの詳細]画面に移動します。
  5. 選択したユーザープロファイルを更新します。
    • ログイン名(更新できません)
    • パスワードの設定(必須)
    • ユーザー名(必須、表示目的)
    • メールアドレス(必須)
    • 内部参照(必須ではありません)
    • ストレージクォータ(M)(必須)
    • ユーザーカテゴリ(事業主、管理者、メンバー、外部ユーザー)
      (注:「管理者」は「事業者」を管理できません)
    • 有効化(強制、有効化)
    • 儲存 入力を受け入れて保存する

  1. ビジネス所有者または管理者のユーザーとしてログインします。
  2. 画面左側の上部にあるドメイン管理アイコン をクリックします。
  3. [ドメイン管理] 画面にドメインと関連情報を表示します。これにより、表示または更新できます:
    1. 会社名
    2. 登録済みメールアドレス
    3. 登録済み連絡先
    4. 登録済みの連絡先電話番号
    5. 計画(オプションアイテムのアップグレードと購入)
    6. 登録日
    7. 有効期限
    8. 内部ユーザー(現在および制限、ビジネスオーナーと管理者を含む)
    9. 外部ユーザー(現在および制限)
    10. ストレージ(現在および制限)

[使用可能なユーザー:すべてのユーザーカテゴリ]

  1. ユーザーログイン。
  2. [パスワードを忘れた場合]をクリックし、画面をポップアップしてパスワードを回復するためのメッセージを求め、[復元]をクリックします。

    ログイン名
    [ログインID、スペースなし、「ログイン名」は「ユーザー名」と同等ではありません
    作業エリア
    [プライマリユーザーログインアカウントを作成する前の承認されたワークスペースコード]
    電子メールアドレス
    [メールアドレス設定したユーザー詳細は明確に達成できたことが確認送信前に、パスワード]
  3. 指定された電子メールにアクセスし、パスワードを取得します。

[使用可能なユーザー:すべてのユーザーカテゴリ]

  1. ユーザーログイン。
  2. [パスワードを忘れた場合]をクリックし、画面をポップアップしてパスワードを回復するためのメッセージを求め、[復元]をクリックします。

    ログイン名
    [ログインID、スペースなし「ログイン名」は「ユーザー名」と同等ではありません
    作業ドメイン
    [プライマリユーザーログインアカウントを作成する前の承認されたワークスペースコード]
    電子メールアドレス
    [パスワードを送信する前に確認するメールアドレス]
  3. 指定された電子メールにアクセスし、パスワードを取得します。

ユーザーアカウントのメンテナンス」を参照してください。

ユーザーアカウントのメンテナンス」を参照してください。

  1. ユーザーログイン。
  2. 左上のメニューに表示される作業ドメインの横の写真をクリックします。
  3. アカウントプロフィール画面に移動します。 次に、選択する言語項目をクリックします。
  1. ユーザーログイン。
  2. 「設定」画面でオプションをタップし、別の[セットアップ]画面をポップアップします。 [言語]オプションで必要なインターフェイス言語を設定します(英語、繁体字中国語、簡体字中国語、日本語)

ユーザーアカウントのメンテナンス」を参照してください。

ユーザーアカウントのメンテナンス」を参照してください。

ユーザーアカウントのメンテナンス」を参照してください。

ユーザーアカウントのメンテナンス」を参照してください。

 

該当なし。

[使用可能なユーザー:すべてのユーザーカテゴリ]

  1. メッセージを受信したときにアクセス可能な各グループのサウンドを有効または無効にするには、各グループの対応する通知サウンドアイコンをオンとオフに切り替えます。
  2. ただし、チャットグループの音声通知がOFFに設定されている場合、受信したメッセージが@で始まり、グループメンバー名(@Patrickなど)で始まる場合、音声通知とともにメッセージを受信する必要があります。 [あなたの名前は、 アイコンをタップして取得したグループメンバーのリストから選択されます]

ユーザーの二要素認証(2FA)を有効にするには、次の手順に従ってください。(WebバージョンとiOS / Androidに適しています)

  1. 左側のメニューバーから[ユーザー管理]を選択します。
  2. [ユーザー管理]画面で、目的のユーザーをクリックして、そのユーザーの[ユーザー詳細]に移動します。
  3. 次のボックスをポップアップ表示するには、[二要素認証(2FA)]をクリックします。
    注:以下のスクリーンショットは、ChatPointのWebバージョンのものです。
  4.   アイコンをオンにし、OKをクリックして2FAを有効にします。
  5. QRコードと、提供されたQRコードの使用方法を示すテキスト段落があります。以下は、WebバージョンのChatPointから逐語的に引用されています。
    「このアカウントに対して二要素認証が有効になっているため、ユーザーはサインインするために追加の6桁の認証コードを1回入力するよう求められます。ユーザーは、時間ベースのワンタイムパスワード(TOTP)標準をサポートする認証システム(例:Google認証システム)をインストールして使用し、上記のQRコードをスキャン/上記の秘密鍵を入力して認証コードを取得する必要があります。上記のQRコードと秘密鍵を秘密にして、対応するユーザーのみにQRコード/秘密鍵をすぐに送信してください。現在のユーザー画面を離れると、同じQRコードと秘密鍵を再度取得することはできません」
  6. 指示に従い、「閉じる」をクリックしてプロセスを終了します。

2FAを使用してログインするには、次の手順に従ってください。

  1. ログイン画面で、ログイン認証情報を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
  2. あなたの2FAデバイスにアクセスし、入力ボックスに認証コードを入力するように指示する画面上のメッセージがあるはずです。